サイトメニュー

治療を受ける前に

スキンケアする女性

受ける事で得られる効果や適応な悩み

ボトックス治療は美容医療術の中でも特に人気な施術方法です。その理由には安全性と生活に支障が少ない事、そして手軽さといった代表的な3つの理由があります。ボトックス治療は注射するだけの施術内容なので、メスを使用したり入院が必要な事もありません。施術時間は5分から10分程であり、日帰り治療になります。注射針も非常に小さく、傷跡が残る事もありません。美容医療の多くはダウンタイムと言う施術後の腫れ等が元に戻るまでの時間があります。しかしボトックス治療ではダウンタイムはほとんどなく、施術直後から普段通りの生活を送る事ができます。受けた直後は特に受ける前と変わりはありません。1週間程かけて徐々に効果が現れ、1ヶ月で安定します。緩やかに効果が現れるので、周囲の人に美容整形を受けた事がバレる心配もありません。翌日から出勤や通学する事ができます。そして使用される薬剤ですが、安全性は世界中で認められている程高いです。美容医療転用前は医療現場で顔面痙攣等の治療に使用されていました。こうした背景から施術を希望する方が多いです。

ボトックス注射治療は以前は手術が必要であった美容効果を、注射するだけで得られる治療方法です。しかし全ての悩みを解消できるものではなく、適応不適応があります。ボトックス治療では小顔やしわ改善効果が有名ですが、その悩みが起こる原因が筋肉起因の場合に適しています。筋肉の過度な緊張等により起こるしわや、筋肉が発達している事で顔が大きく見える場合、その筋肉の緊張を緩和する事で解消が期待できます。ボトックスは神経から筋肉への伝達を遮断する作用があり、麻痺させる事で筋肉の働きを抑えています。脂肪過多が原因等の場合は効果は薄くなります。しわや小顔効果以外に足の筋肉太り解消もできます。あまり知られていないのがワキガ対策に有効な事で、発生原因である発汗を抑える効果もあります。多汗症やワキガ対策にも有効であり、シーズンと言える夏前に施術を希望される方が多くなっています。ボトックス治療は部位毎の筋肉や神経伝達物質が過剰な事が原因で起こる、様々な美容トラブルを解消する事ができます。

Copyright© 2019 ボツリヌス菌を用いた治療方法について知ろう All Rights Reserved.