サイトメニュー

知っておいた方がよいこと

鏡を見る女性

気をつけることや仕組み

ボトックス注射を打ちたいならば、事前に気をつけることを頭に入れておかなければなりません。何も知らずに注射を打ってみたところ、副作用が出てしまうようなこともあるからです。そこで理解しておきたいことの一つが、妊娠している時や授乳中のときには注射を打たないことと言えるでしょう。なぜこれは妊娠中や授乳中はいけないかといえば、ボトックス注射の影響が胎児や赤ちゃんに及ぶ可能性が出てくるからです。日本ではほとんど例がありませんが、かつてアメリカで胎児が死亡した例などもありました。次に、過去3カ月以内にボトックス注射を打った場合にはもう少し時間を空ける必要があります。ボトックス注射は、医療用に害がないかたちでつくられています。ですが、あまり短期間で何度も注射をしてしまうと、副作用が出る可能性があるでしょう。もともと、筋肉をまひさせるのが目的ですので、あまり強い意欲を発揮してしまうと、体に何らかの負担がかかってしまう可能性が高いです。それ以外にも、お酒を飲んだ後に施術をするのは避けなければできません。

美容整形外科で注射をする場合の仕組みですが、基本的にボトックス注射を打つ場合にはまず最初にカウンセリングを行うのが基本です。なぜわざわざカウンセリングを行うかといえば、理由の一つは施術の流れを説明することです。患者さんの方も、初めて行うならばどのような施術をするのか疑問に考えるでしょう。そこで、事前に疑問を解消してほしいという理由でカウンセリングをしているわけです。それ以外にも、患者さんの不安を取り除くために質問などを受け付けそれに対して的確に答えるようにしています。これにより、安心した状態で注射を打つことがあるでしょう。料金なども、事前に説明しますので後で金額が知らされるようなことはまずありません。もし、明確に料金が分からない場合はカウンセリングの時に聞いておくのがよいです。注射を打った後はポイントとなっている個所にボトックスの液体が残るように、あまり激しい運動などはしないようにした方がよいです。激しい運動などをしてしまうと、効果が半減してしまう可能性があります。

Copyright© 2019 ボツリヌス菌を用いた治療方法について知ろう All Rights Reserved.